お客様からの激励、その2

こんにちわ。 ホームページアップの件、ぜんぜん了解です。 使ってください。 ここからは立ち話でキョウシュクします。 私も67年間生きてきて万事休す、絶縁、、自暴自棄、傲岸無知、泥沼、自己嫌悪、疎外と ありとあらゆる馬鹿をしでかしてきましたが、最悪の「死神」がでてきた時、なぜかわかりま せんが、ふぁ~と「光」を感じたことを憶えています。 そこから世の中に体当たりしてやろうと思い、ドロドロベッチャンの会社人生に突入しまし た。 思い返せば、でたらめな時、苦悶の時、慚愧の時、自己破滅の時、そして「死神」に 会った時、実はみんなそれが「光」の燃料だったような気がします。 芸術家に限らず、人の「創造」とは「死神」がいるようなところでなければ成されないと思い ます。 私が田中さんに関心をもったのは、その「死神」を見た男だなと感じたからです。 「死神」を見た人間は独特の「誠実」さをもっていますからね(ヒッヒッヒ) どんな芸術家でも、いつもいい作品ができることなんてありえません。 偉大な作家でも大半は良かったころの自分のコピーです。しがらみと生活の為の 作品ですね。人間安定してくるとバクハツなんて馬鹿はしませんからね。哲学と抒情 と流派のエキセントリックだけです。 田中さんはまだまだこれからの人です。 2回や3回ぐらい「死神」にあうかもしれない。でもそれ、田中さんの「光」なんですね。 その時の狂気の雄叫び。 ザマアミロ!シニヤガレ!クソッタレ!コロスゾ~! これですね「創造の女神」降臨! やってほしいなあ(笑) 世界中の人はみたいだろうなあ。  長い立ち話でしたが、あなたのやっていることは正しい!が結論でした。           それでは。