アートまるかじり ~藤田嗣治~


こんにちは。

今回のアート丸かじりは藤田嗣治のことについて書いてみたいと思います。





藤田嗣治は、日本生まれのフランス画家であります。

彼は、20世紀初頭の西洋において最も重要な日本人芸術家として評価されています。



では、藤田嗣治の生涯を2回に分けて解説していきましょう。

今回は前編です。



藤田嗣治は1886年、東京都新宿区に医者の家に生まれました。

藤田は子供の頃から絵を描いていたそうです。

中学時代から画家を目指しパリを夢見た藤田は、フランス語を勉強します。

そして、森鴎外の薦めもあって東京美術学校西洋画科に入学します。

しかし、彼の学校での成績はパッとしませんでした。

というのも、その当時は印象派の絵が外国からの影響で注目され、画家の間でも印象派の波が強く広まって

藤田の画風は評価されなかったのです。
そんな考えに疑問を感じた藤田は印象派に反発するかのように真逆の作品を描くのでした。

その作品は黒を中心に使った自画像です。

(印象派は光を意識して黒は使わない)

そんなところに藤田の反骨精神が現れているのではないでしょうか。



さて、そんな藤田ですが、1913年、26歳で単身フランス、パリへ旅立つのです。

藤田はすぐにピカソのアトリエを訪れたそうです。



当時、エコール・ド・パリと言われる世界の画家がパリに集まる仲間に唯一の日本人として存在します。



パリでの藤田は日本で学んだことない画風を学ぶのでした。

それはキュビズムなど新しい20世紀の絵画です。

このことによって藤田は全く新しい絵画の自由さに魅せられ、制作意欲を高めていったのです。



1914年、パリに住んでから一年後に第一世界大戦が勃発します。

パリでの生活は充実していましたが、絵が売れない日々が数年続きました。

その後、藤田の絵が売れ始めたのですが、最初の収入は7フランだったとのことです。

7フランは現在に換算すると約2,000円程度です。



また、藤田のおかっぱ頭はお金がなく、床屋に行けず自分でハサミで切ったとされる説もありますが、別の説もあります。



それは、藤田は絵が売れるためには名前が売れなければならないということで、おかっぱ頭に丸メガネ、

そしてチョビヒゲを意識的にして目立ったという説です。



パリでの生活のスタートは苦しかった藤田ですが、個展などをやり絵が売れ始めるようになると高く評価され

高価で売れていくようになったのです。





藤田の絵には女性や猫が題材になり描かれています。

女性画においては、「寝室の裸婦キキ」など有名な作品がありますが、その女性の肌の白さに、

どのようにして美しい白色を出して描いているのかが謎でした。

その女性の肌は「乳白色の肌」と呼ばれています。

最近になって分かったことですが、この白色はベビーパウダー(シッカロール)を使っていたのです。



フランスで売れっ子画家になった藤田ですが、この後も藤田の創作活動は続きます。



前編はここまでで。

ありがとうございました。