アート丸かじり~個展について~


こんにちは。
今回は個展について書いてみます。

画家は一般的に個展をします。 では、なぜ、画家が個展をするかを考えてみたいと思います。 具体的に言いますとこうです。 画家は個展をして新作などの作品の発表をして、その作品を販売します。 そして、お客様との交流の場として行います。

しかし、田中拓馬は現在、個展をやっておりません。 それはなぜか。 それは田中拓馬はスタジオをもっています。 一言で言うと、スタジオで毎月毎日、個展をやっているということなのです。 ですので、スタジオが作品の制作場であり、ギャラリー になっているのです。

田中拓馬以外の他の画家はスタジオをもっている人は少なく、ギャラリー を通して作品の発信をしているのです。 過去の画家において、スタジオをもってスタッフの仲間と、営業や販売していたのは、アンディ・ウォーホールが有名です。 そしてまた、ギャラリー 自体が広まったのも歴史もまだ浅く、ここ100年くらいといわれています。

今回はこのへんで。 ありがとうございました。