ニューヨークオークション記念販売を行います。

ニューヨークのオークションに向けて活動しております。大規模オークションの出品が秋に、また春には別のオークション会社への出品を進めつつあります。残念なことに日本の市場は、国力の問題から今後不安定になる可能性があります。今、日本の現代アート市場で動いている作家は、ほとんどが海外での作品転売などができる、または見込める作家にシフトしてきました。さらにこの動きは加速すると思われます、その例として日本の物故洋画作家は、かつては高価格で推移していましたが、今ではかなり価格が落ちてしまいました。

ここで、田中拓馬も作品をシフトしていて、だんだんと作品のテイストも日本の味がするものから、欧米圏の味つけに変化させています。とりわけ、欧米圏では抽象的な作品が日本以上に求められる傾向にあるため、そちらの傾向に合わせて進めています。

そしてまた、今までの布石により、ニューヨークオークションへの足掛かりができたため、その前祝いを兼ねて欧米圏で理解されるような作品へのステップアップとして、抽象的な色合いの強い作品を今後多くリリースしていく予定です。その国内販売の第一弾として、ある程度以上の大きさが作品に求められることが多いという事情や、作品のテーストなど盛り込みまして、今後国内でもそういった作品を積極的に販売していきます。その第一弾を記念して、詩人で旧友の井上優氏に人間寿司のテーマを織り込んだ論表をいただきました。こちらを合わせての作品を今日の15時くらいから、田中拓馬オンラインショップにて記念価格にて販売いたしますので、よかったらご覧になってください。