国が株を買い漁ることのつけ


今社会の実体経済はかなり悪いです。ですが、株価は異常に値上がりしています。これは日銀が以前は株のような有価証券を日銀のお金で買うことはご法度でしたが、それを打ち破り日銀のお金で市場の株を買っていることに起因します。いまでは様々な企業の筆頭株主が日銀になっているようです。

世界でも株価は値上がりしていますが、世界では日本のモデルを学べとばかりに同じような現象もみられますが、世界的に金余りの状況なので、うまい投資先が見つからず株に流れていると思われます。株価が上がると企業価値が上がり、会社が資金調達しやすいなどのことがありますが、世界的に好況だから株価が上がるというよりも世界的な金融の量的緩和により、株しか買うものが見つかりにくいので上がっているだけだと思われます。

さらに、今後日本の会社の株を日銀が買い続けると何が待っているか?ですが、飽和した時点で、お金に対する信用がなくなる可能性があります。日本の国債を買わなくなり、円を売りほかの通貨に逃がしたり、様々な手をつかい、国の発行する貨幣には信用がなくなった瞬間、一気にハイパーインフレに触れる可能性がでるのではないでしょうか?ハイパーインフレ時には貨幣は価値がなくなり、その他交換価値の高い物が価値が出ます。当然アート作品も値上がりします。興味深い所ではあります。