田中拓馬のアート武者修行番外編


この次のアート武者修行では、四谷アートステュディウムという近畿大学から派生したアートの実験校に入学する話に入ります。ただし、今日は番外編です。

田中拓馬がどんなどんなアートの本や画集を見て勉強しているのかの資料をちらっと載せます。

of world great paintersという本を研究してました。これはすべて英語で過去の大家を研究した本です。どのように作家が描いたか、その手順や材料が掲載されています。

この本はこんなにボロボロになるまで読んでます。また各作家の描き方の秘話、どの順番で、どの絵具を画材をのっけていったか、どう工夫しているかが書いてあります。

これはジャスパージョーンズというアメリカの戦後を代表する作家です。フラッグシリーズで有名ですが、新聞紙を引き、その上に蜜蝋で顔料を溶かし国旗を描いてたようです。
またこちらはエルグレコですが、細部の描き方などを詳しく書いてあります。