田中拓馬の作品に対するこだわり


こんにちは、田中拓馬です。僕の作品に対するこだわりが現れる、絵具や筆、額について書いてみたいと思います。

絵具については、主に油絵を使用しています。クサカベの絵の具で人体に食べたら有害であるけれども発色のいい、バーミリオン、コバルト、カドミウムイエロー等を使っています。大きさでいうと男性の親指を一回り大きくしたくらいの量で4000円前後のものを使っています。そして絵の具はケチらず分厚く盛り上げています。

また筆は高級な水彩筆のラファエル(15000円)から油彩の狸の毛を使ったファン筆(2000円)などをはじめ、筆が痛んだらすぐに捨てて、いい線が引けるように、いい状態の筆で勝負しています。

さらに額ではラーソンジュールのオーダーメイドをはじめ、最高級の額を中心にこだわりを持って、飾ってよく見えるようにしています。

最後に今ヤフオクに出ている、紙の作品ですが、ただの紙ではなく、厚紙と業者は書いてますが、これは水彩紙で唯一手すきの紙でアルシェの600gという世界で最高級の紙を使っています。この紙は10号の紙をとるのが精いっぱいで、一枚約6000円はします。

ですのでこだわって画材など吟味して作品にしています。

こちらのヤフオク作品是非ご覧ください。

https://auctions.yahoo.co.jp/search/search?auccat=&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&fr=auc_top&p=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E6%8B%93%E9%A6%AC&x=0&y=0