田中拓馬チームの戦略


こんにちは。 スタッフの富川です。

現代アートにおいては、数年のうちに何倍ものに価値がつく絵もありますが、一方で値段が下がる絵もたくさんあります。 価値が上がる時の具体例としては、画家が死んだとき、作品が貴重になり上がります。 例えば1987年に死んだアンディ・ウォーホールの絵は、その直後、値段が急上し、評価の高くない作品まで数倍に跳ね上がりました。

田中拓馬チームにおいては、田中拓馬作品を購入していただいたお客様に対して、作品のアフターフォローを含め、価値が高めていくように動いております。 今の時期、不安もおありでしょうが、作品の資産価値が上がるように努めております。 具体例には、海外のニューヨーク、ロンドン、そして資産のあるドバイへとアプローチしていき、作品の需要が上がるように頑張っております。