自分が作品になる、という感動

こんにちは、スタッフ中村です。
いつもお読みくださりありがとうございます。


みなさん、普段ご自身のことを
どれくらいご覧になっていますでしょうか?



家族や友人、職場の人の顔は
当たり前に見ていますが
それに比べて自分の顔は全く見ないと思います。



朝、顔を洗う時
トイレに行って手を洗う時
夜、お風呂に入る時

鏡をちらっと見るだけではないでしょうか。





自分がどういう人間かについて
外面、内面ともに
知っているようで知らないことの方が
多いのが人間だと思います。



かくいう私も1年前までは
自分が何者かを知りませんでした。
知ろうともしたくなかったのかもしれません。



何に感動して、何が嬉しいのか
知らなすぎて
他人の顔色に心を惑わされたり
世間の情報に踊らされたり
常に不安定な気持ちでいました。


今は自分の感情を細かくキャッチして
何に喜び、悲しみ、怒り、楽しさを覚えるのかを
理解することに努力しています。



自分が自分を理解していくこと



それは最高級の自分への愛情です。



自分に愛情を注いでいくと
自分の周りの人へも愛情を注げるようになり
いつもの暮らしにずっと笑顔が増えるでしょう。




自分を理解するツールの1つとして アートとして描かれた自分と向き合い
自分を見つめる機会をもてたら
とても愛しい時間となるだろうと思うのです。



そんなご自身がアートになる
という体験をしてみたい方は
昨日より販売開始した オリジナルポートレートをご利用ください。




なにかピンときた方は
こちらの詳細をご覧ください。



ご縁ある方とアートな時間を過ごすのを
楽しみにしております。