購入後の絵の付き合い方 ~セカンダリー~

こんにちは、スタッフ中村です。
本日もお読みいただきありがとうございます。

本日は、
このスタジオに来て
初めて知った言葉
『セカンダリー』をご紹介します。


絵の市場には
プライマリー、と
セカンダリー、があります。



プライマリーは
作品が世に出る最初の市場です。


セカンダリーは
プライマリーで
購入者の手に渡った作品が
転売される市場です。

セカンダリーは
オークションが中心となっています。

転売品というと
聞こえは悪いですが
アートの世界では
関係なく1つの作品として扱われます。

時間を置くことにより
アーティストの市場価値があがり
値があがる、なんてこともあります。




ご存じない方も多いですが
田中拓馬スタジオでは
このセカンダリーも
サービスとして行っているのです。

人生には変化がつきものです。
絵を購入して、お気に入りのスペースに飾っていても
お引越しや同居家族の入れ替わり
お仕事のステージ変化などによって
飾る場所も変わってくるでしょう。

手放したいタイミングで、
多くの方は持っている絵を
どのように扱っていいか分からないと
思います。
そうした際に、ご相談に乗り
お持ちの絵をできるだけ価値をつけ販売できるように
セカンダリーというサービスも行っているのです。


これは、
作品の誕生から別れまで一生を通して
お客様のアートライフに寄り添いたいという
思いから行っています。


もし、気になる方がおりましたら
お電話でもメールでもLINEでも
お声かけくださいね。


➡田中拓馬やスタジオについてこちら
➡絵をご購入いただいた方へ
 アフターサービスをしています。こちら
➡よければLINEお友達登録してくださいね。こちら