陳建民とアートについて


先日お正月休みに陳建一さんのお父さんの陳建民さんの話がテレビで流れていました。建一さんが言うには、父の奥義は愛情をもって料理を作ることだそうです。

それを見てて、なるほどアートも同じだなと思いました。色々な仕事をやっつけ仕事のようにしていて、愛情がないとそれ相応の作品になってしまいます。一方で愛情のある作品は見ていて伝わってきます。今年も頑張っていきたいです。