i ART オークション会場に行ってきました!


皆さまこんにちは!

田中拓馬スタッフ髙橋です。



私は先程、4月24日(土)午前11時より開催されるiARTオークションの会場に行ってきました!

今回は我らが田中拓馬作品「Neo Capitalism NYC」(20号サイズ72.7×60.6(cm))がエントリーしております!

これは目が離せない!大注目のオークションです!!!!


入り口


さて、それではご覧いただきましょう。こちらが新橋にあるiART オークション会場の入ったビルです。



iARTAuction告知
i ART オークションは3階になります。さあ会場へ行ってみましょう。


現代アート
会場にはどれもこれも、素晴らしい作品が、、、ズラリ、、、。

しかし、一際目に留まるのはやはり、、、!
Neo Capitalism NYC


Neo Capitalism NYCです!

こちらの作品のロット番号は116、推定落札価格は¥50,000〜¥100,000です。



…ん?田中作品、なぜ推定落札価格がこんなに低い?と思われたかた、多いのではないでしょうか。

理由は、i ART オークションでの推定落札価格は過去国内のアートオークションでの田中拓馬の実績に基づいて設定されているからなのです。

ヤフオクなどのオークションでも過去実績を上げてきた田中作品ではございますが、 いわゆる「アートマーケット」(i ART オークション、SBIオークション、毎日オークション等)の実績はまだ少ないのです。

ですが!今回を含め、アートオークションにて落札された場合、以後推定落札価格が上昇する傾向にございます。

だからこそ大注目なのです!田中作品をぜひ落札したいとおっしゃってくださっているお客様の声をすでに耳にしております。

これはアツい競りになること間違いなしですね。今からワクワクしてきます!



さて、田中作品も勿論ですが、当日はそのほかにも素晴らしい作品がオークションにかけられます。

ちょっと会場をぐるりと一回り、様子を見てみましょう!


素晴らしい作品群


会場には古美術、骨董、書もふくめ様々な作品があります。

私の一押しは書家の井上有一さんの「花」です。



カタログの写真で拝見していましたが、やはり実物はオーラがありますね。筆の材質まで感じさせ、圧倒的な気迫。思わずため息がでました。



それから今回のオークションでも目玉となっているピカソの作品。こちら会場入って一番初めに目に入ります。
ピカソ


ピカソの作品とじっくり対面できるなんて大変贅沢な時間でした。こちらもやはり、現物は写真に増して線のリズム感が生き生きと伝わってきました。



その他、、、会場はこのような様子です!
会場
 
書


是非一人でも多くの方にオークションに参加していただけましたら、大変嬉しいです。

田中拓馬作品の応援を、心よりお願い申し上げます!!!

スタッフ髙橋でした。