WORKS作品

  • The earth

    The earth.


    技法
    サイズ
    77×111(cm)
    There are three objects, and it feels like it's cracking. This may have meant that the earth on which we live now, the so-called world, is divided. And among the three objects, different colors and shapes are mixed, and it also seems to be intense. Does it represent the heart of the people of each country? It also looks like racism and the confusion of the people. Can these three objects be united?3つの物体があり、割れているような感じだ。 これは、今、我々が住んでいる地球、いわゆる世界が分断しているのを表したのではなかろうか。 そして、その3つの物体の中には、違った色や形がごちゃ混ぜに、それも強烈になっているように見える。 それは、それぞれの国の人の心を表しているのか。 人種差別や民衆の混乱にも見える。 この3つの物体が一つになることはあるのだろうか。
  • ¥€$

    ¥€$


    技法
    サイズ
    15×10(cm)
    In the chaotic world, only cat rabbits are raising their hands. It's as if I was a winner in a capitalist society. Who is the cat rabbit?混沌とした世界の中でネコウサギだけが手を上げている。 まるで、自分が資本主義社会の中で勝ち組になったかのように。 ネコウサギは何者だろうか?
  • The scream in 21th century 21世紀におけるムンクの叫び 

    The scream in 21th century.
    21世紀におけるムンクの叫び


    技法
    Under the ambitious title of Munch's Cry in the 21st century, this work portrays the new coronavirus sensitivities and world turmoil. In this work, we present that we must desperately challenge the cry, the turmoil and anxiety of the world, for the next hope.21世紀のムンクの叫びという野心的なタイトルのこの作品は、新型コロナウイルス感性症と世界の混乱を表現している。 この作品で、我々は次の希望のために、叫びに、つまり世界の混乱、不安に必死で戦いを挑まなければならないことを提示している。
  • Paradise

    Paradise
    Paradise


    技法
    サイズ
    50 ×61(cm)
    A spotlight hits the rabbit cat in the center, and the water surface of the drum bridge is shining. The darkness at both ends of the screen is a technique that effectively shows both sides by the imprint. Is Paradise really a rabbit cat paradise? 中心のウサギ猫にスポットライトが当たり、太鼓橋の水面が光っている。 画面両端の暗さは、印影による両面を効果的に見せる技法となっている作品。 パラダイスとは、果たしてウサギ猫のパラダイスなのだろうか。
  • ギャングネコウサギ

    Gang cat rabbit
    ギャングネコウサギ


    技法
    サイズ
    42×31(cm)
    This is the Takuma Tanaka`s Light and darkness series.こちらは田中拓馬のギャングネコウサギという、ネコウサギを光と闇で捉えたシリーズの一つになります。